インフラ建設費7.7%増、内需拡大策を閣議決定

台湾の行政院(内閣)は10日に開いた行政院会(閣議)で、2019年度の内需拡大策を決定した。インフラ建設計画では今年度に計上する費用総額が前年度比7.7%増の3,927億台湾元(約1兆3,800億円)に拡大。米中摩擦などの不確定要素がある中、公庫と民間それぞれの資金を集結し、成長…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

大林発電所5号機稼働延長、環境アセス初審通過(12:25)

テイクオフ:性転換したのか、それに…(01/24)

東電PGと東京ガスが検針実験 工研院と連携、台南モデル区内で(01/24)

鴻海、1Qの中国人材需要は5万人(01/24)

商用車販売台数11%増、物流需要など寄与(01/24)

中鋼19年純利益、直近8年で最高の320億元(01/24)

台プラ総裁が19年景気を悲観、貿易摩擦など懸念(01/24)

達邦蛋白、中国企業とバイオ肥料開発で提携(01/24)

18年通年の商業統計、3業種とも過去最高(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン