スーパー大手3社、特化型や未来型の店舗へ

韓国の大手スーパー3社はここ数年、新規出店を控える代わりに倉庫型店舗や専門店など特化型の店舗に力を入れている。先端技術を取り入れた未来型の店づくりも始めた。 11日付電子新聞によると、大手3社の店舗数は2016年と17年の各404店から18年は401店に減少した。19年に出店計…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

SKハイニックス、マグナチップ買収か(20:53)

アプリでEV性能操作、現代自が技術開発(16:22)

米がイラン原油全面禁輸、韓国も対象(16:25)

化粧品「THREE」、韓国で百貨店に初出店(18:20)

テイクオフ:冬から春へと季節が移ろ…(04/23)

中国ゲーム規制が韓国に波紋 テンセントリスクが浮上(04/23)

再エネ40年に30%台、電力基本計画案(04/23)

生産者物価指数、3月は0.1%上昇(04/23)

韓国製造業、36%が「上期は営業減益」(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン