19年成長率は6.3%前後、中科院が予測

中国科学院予測科学研究センターは8日、2019年の中国経済予測を発表し、国内総生産(GDP)成長率は6.3%前後になるとの見方を示した。18年見通しの6.6%から0.3ポイントの減速を見込んでいる。経済日報(電子版)が伝えた。 四半期ごとでは第1四半期(1~3月)が6.3%前後…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

レジーナ、米向け輸出のベトナム移管急ぐ(19:54)

夏の電力ピークに向けて準備指示、発改委(20:55)

【米中摩擦】在中国企業51%が「受注減」 人件費と環境規制、移転後押しも(06/26)

テイクオフ:広州の地下鉄でもスマホ…(06/26)

車販売の新政策、相次ぎ施行 NEV補助削減と排ガス規制強化(06/26)

別の台湾1社も離脱、JDI再建は一層不透明に(06/26)

中国国境ムセの輸出額、10~6月は26%減(06/26)

19年の成長率2.5%に鈍化、モルガン予測(06/26)

劉副首相、通商問題で米と電話協議(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン