18年末の不良債権率、1.89%に低下

ベトナム国家銀行(中央銀行)が7日に明らかにした2018年の銀行業界の不良債権処理の状況によると、年間に149兆2,200億ドン(64億3,000万米ドル、約6,900億円)相当が処理され、同年末にはバランスシート上の不良債権率は1.89%まで低下した。7日付トイバオキンテー電子版が報じ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【米中摩擦】在中国企業51%が「受注減」 人件費と環境規制、移転後押しも(06/26)

1~6月のFDI、9.2%減の187億ドル(06/26)

EUとベトナムのFTA、30日に調印へ(06/26)

JBIC、ベトコムに再生可能エネ事業融資(06/26)

高島屋、ハノイ郊外の開発事業に参画(06/26)

クアンニンの不動産活況、インフラなど魅力(06/26)

HCM市の不動産市場、供給減で低調続く(06/26)

PVパワー、大型発電所3案件に遅れ(06/26)

【グラフでみるASEAN】輸出額(4月)(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン