• 印刷する

インディゴ、4月にイスタンブール便を就航

インドの格安航空会社(LCC)のインディゴは、3月末から4月にかけて首都ニューデリーとトルコ・イスタンブールを結ぶ路線を就航する。同社幹部の話として、タイムズ・オブ・インディア(電子版)が6日に伝えた。

機材は新たに購入したエアバスのA321ネオを使用する。イスタンブール側の発着地は間もなく本格稼働する予定の新空港で、1日1便の運航を見込む。インディゴの幹部は「A321ネオはコストが低いため、競争力のある価格で航空券を販売できる」とコメント。同社は先月、トルコ国営のターキッシュエアラインズと共同運航(コードシェア)を行うことでも合意している。

ニューデリー―イスタンブール便とムンバイ―イスタンブール便はターキッシュエアラインズが直行便を運航しているが、インドの航空会社は今のところ、トルコ行きの便を就航していないという。

インディゴは今年、A321ネオを10機以上導入する計画。英バーミンガムや中国・広州、ロシア・モスクワなどへの運航網拡大を目指している。


関連国・地域: インド中東
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:動画配信アプリ「Tik…(07/22)

成長の鍵は雇用と中小都市に 新政権を考察=英IOE教授(07/22)

EV優遇政策の実施、運輸省が各州に要請(07/22)

独VW、2~3年後に国産化率92%目標(07/22)

本年度の新型発売は30車種、二輪は20車種(07/22)

中古車販売台数、昨年度は新車の1.4倍(07/22)

金融バクランジー、EV充電インフラ整備へ(07/22)

MGモーター、第1弾SUVの予約好調(07/22)

新興二輪AMW、中国春風の4モデル発売(07/22)

複合リライアンス、4~6月は7%増益(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン