銃殺の危機から生還、消えない記憶

【プノンペン共同=桜井幸彦】カンボジアで虐殺などにより200万人近くを死に追いやったポル・ポト政権が崩壊して7日で40年。カンボジアは近年、首都プノンペンを中心に経済成長が続くが、当時を知る人々の脳裏から暗い歴史の記憶は消えない。銃殺の危機を辛うじて生き延びた元兵士…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日系の18年昇給率、平均7.9% 金融が最大、19年は7.4%の計画(01/23)

ジェトロの日本企業講座、貿易大の48人修了(01/23)

シンガポールの配車アプリ、越で供与開始(01/23)

グラブとマクドナルド、配達で戦略提携(01/23)

双日、フーアンタン工業団地をお披露目(01/23)

FPTリテール、18年は20%増益(01/23)

ベトナム国境の市場は4月開業、商業省(01/23)

デジタルコンテンツ、18年の売上は9億ドル(01/23)

外国人7万人摘発、不正な身分証保有で(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン