• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアの経済や…

オーストラリアの経済や政治を眺めていて感じるのは、深刻な問題がどこか足りない、ということだ。不動産価格が落ち込み、消費も上向かないとは言いながらも、経済成長率は3%程度は達成している。豊富な資源は安泰だし、日本のように人口が減っているどころか、毎年約35万人増えている。

財政赤字で大変だと言いながら、来年度には黒字を達成できそうだという。中国との関係が悪化したと言いながら、日中関係のように、センシティブな領土問題の火種を抱えているわけではない。次の選挙で政権が変わりそうだと言いながら、もし変わったところで、国民レベルで劇的な変化があるようには思えない。

要するに、あまり深刻ではないレベルでさまざまな問題が浮き沈みしているように感じる。この「ノーウォリーズ(心配ご無用)感」は今年も健在だろう。なんて幸せな国なのだろう。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末の午後6時前、近所…(06/14)

QLD州アダニ炭鉱開発が承認 最後の環境認可突破、計画実行へ(06/14)

QLDの生産賦課金引き上げ、製造業に打撃(06/14)

豪電力価格、2年以内に30%引下げ=金融相(06/14)

VIC州、この夏も電力不足の恐れ(06/14)

豪4月失業率5.2%で横ばい、追加利下げも(06/14)

豪準備銀が追加利下げも、失業率引き下げで(06/14)

1~4月、豪州から乳製品の輸入急増(06/14)

〔オセアニアン事件簿〕建設労組VIC書記長、辞任要求高まる(06/14)

中国人の豪観光、5年で倍増も今後は減速か(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン