ファーウェイの胡副会長、脅威論に反論

【上海共同】中国の通信機器大手、華為技術(深セン市、ファーウェイ)の胡厚崑副会長は広東省東莞市で18日、日米を中心に第5世代(5G)移動通信システムの調達から同社の製品を排除する動きが広がっていることに対し「安全面でファーウェイは潔白だ」と反論し、排除の動きを批…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー発電所、売電契約の締結間近か(06/14)

AD関税を引き上げ、米とEUの鋼管(12:31)

5月の公式原油価格が低下、貿易戦争の影響(06/15)

韓国勢がEV電池の生産増強 LGが吉利と合弁、需要に対応へ(06/14)

蔡総統、再任へ第一関門突破 民進党予備選、頼氏の夢敗れる(06/14)

個人ノートPCシェア2割へ 台湾ASUS、細分化で市場掴む(06/14)

劉副首相、強気の経済見通し 米国との摩擦念頭、金融がカギ(06/14)

科創板の開設式開催、2カ月以内にも初取引(06/14)

グーグルが「中国離れ」、台湾などに生産移設か(06/14)

プロトン販社、2社とR&Dの合弁会社設立(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン