• 印刷する

韓国ゲーム産業は世界4位、トップ10企業なし

2018年の韓国のゲーム産業は世界4番目の規模ながら、売上高で世界トップ10に入る韓国企業はなかった。韓国コンテンツ振興院が18日までにまとめたゲーム産業動向の資料で分かった。

今年のゲーム産業の規模は世界全体で1,349億米ドル(約15兆1,600億円)と、前年比10.9%拡大する見通し。国別の売上高(10月現在)を見ると、韓国は57億6,400万米ドルで、中国(344億米ドル)と米国(315億3,500万米ドル)、日本(177億1,500万米ドル)に次いで4位。インターネット利用者1人当たりの売上高は日本に次いで2番目となる。

一方、企業別の売上高(6月現在)をみると、中国のテンセント、ソニー、米アップルの順で、韓国企業は上位10位に入らなかった。ただ、スマートフォン向けコンテンツ配信サービス「グーグルプレイ」の売上高(1~3月期)では、韓国のゲーム大手ネットマーブルが5位だった。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

海外へのFDI、1Qは前年同期で45%増加(15:46)

アットシグナル、韓国同業とウェブ保安で提携(18:27)

韓国の5月原油輸入が11%減、イラン制裁で(17:15)

ハンファ傘下、ファーウェイ系部品調達縮小(17:33)

テイクオフ:あれはハルジオンだろう…(06/17)

首都の衛星都市開発進まず 韓国主導、資金難で業者逃亡(06/17)

徴用工裁判後に対日貿易1割減 民間研究所発表、交流維持が糸口(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

半年以上滞在の外国人、健康保険加入が義務(06/17)

情報共有中断も、米がファーウェイ使用なら(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン