• 印刷する

Xマス・正月の出入境者数、1349万人を予想

香港政府入境事務処(入境管理局)によると、クリスマスと正月の連休前後(12月21日~26日、12月29日~来年1月3日)の香港の出入境者数は1,349万人(延べ人数、以下同じ)に上る見通しだ。このうち、陸路経由が約1,039万人で全体の77%を占めるとみている。

陸路での出境のピークは12月22日の62万人、入境のピークは12月26日の54万2,000人と予測。最も混雑が予想されるのは羅湖出入境検問所で、期間中の出入境者は約330万人となる見通し。1日当たり平均の出入境者数は羅湖(約27万5,000人)を筆頭に、落馬洲支線が約16万9,000人、深セン湾が約13万9,000人に達するとみている。

検問所の混雑が予想される時間帯は入境事務処のウェブサイトを通じて状況を確認できるほか、入境事務処のスマートフォン向けアプリでは陸路の全検問所の予想待ち時間を調べることができる。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:買い換えたスマートフォ…(02/20)

大湾区、イノベ・金融に重点 知財保護、金融商品の取引推進も(02/20)

香港車両の本土通行を利便化へ、大湾区(02/20)

前海の機能強化へ、大湾区計画綱要(02/20)

大湾区都市の役割明確化、政財界が歓迎(02/20)

マカオの優位性をさらに発揮、大湾区(02/20)

デベロッパー各社、大湾区での土地取得加速(02/20)

HSBCの18年決算、税引き前純益16%増(02/20)

反落、HSBCが2%超える下げ=香港株式(02/20)

国信に罰金2億円、マネロンの動き報告せず(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン