• 印刷する

韓国の起亜自動車、来年は販売1万台目標

韓国の起亜自動車のフィリピン販売代理店となったACインダストリアル・テクノロジー・ホールディングスは、2019年の起亜ブランド車の販売台数を前年比4.2倍の1万台以上に引き上げる目標を明らかにした。3年ぶりの記録更新を狙う。18日付地元各紙が報じた。

同社は来年の国内新車市場が50万台になると予想しており、起亜ブランドでシェア2%の確保を目指す。フィリピンに投入している9モデルのうち、最量販車のシティーカー「ピカント」(現地販売価格63万5,000~79万8,000ペソ=約135万~170万円)を武器に、低価格帯市場でシェアを伸ばしたい意向だ。

18年の起亜ブランド車の販売台数は2,400台で、シェアは0.6%の見通し。最盛期の15年は1万10台で、シェアは3.1%だった。

ACインダストリアルは今月5日に起亜自と販売代理店契約を結んだことを発表した。現在のディーラー網は全国37店。今後、マニラ首都圏で10店増やす方針だ。

ACは財閥アヤラ・コーポレーションの傘下企業で、ホンダ、いすゞ自動車、独フォルクスワーゲン(VW)、オーストリアの二輪KTMスポーツモーターサイクルのディーラー事業も手掛けている。来年には、中国の上海汽車集団(上汽集団、SAICモーター)の商用車ブランド「マクサス」の販売代理店事業も開始する。


関連国・地域: 韓国フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ港の混雑緩和へ空コンテナ移送を指示(02/22)

不動産ウェンセスラオ、今年は40億ペソ投資(02/22)

製造や人材活用で新たな動き 注目浴びるミ島の潜在力(中)(02/22)

日比協力インフラ合同委、大阪で第7回開催(02/22)

改正会社法が成立、事業環境改善に期待感(02/22)

国民皆保険法が成立、社会保障強化の機運(02/22)

21日為替:$1=52.130ペソ(↓)(02/22)

三菱商事系の住宅会社、ラグナで3件目販売(02/22)

政府の大型インフラ計画、法制化の動き(02/22)

小売りメトロ、サマール州と合弁で複合開発(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン