• 印刷する

テイクオフ:テレビの中のキャスター…

テレビの中のキャスターにこの一年恋をしている。マレー系マレーシア人で誰に似ているというわけでもないが、卵顔に鼻柱がしっかりしていて、閉じると上がる口角に親近感がわく。同僚に打ち明けると、「国会取材に行けばゴロゴロいますよ」との反応。マレー系の若手官僚に多い顔立ちだという。

お育ちは抜きにして、日本人とマレーシア人の親和性は高いと思う。一方でマレー系の女性はこの国を訪れた20年前、10年前に比べて印象が大きく変わった。ヒジャブ(頭髪を隠すスカーフ)の着用率が高まり顔が強調される分、メークが多彩になった。が、どこか日本の今風を感じる。

アーリア系の彫刻のような目鼻立ちに囲まれて6年近く過ごしたデリーの後の東南アジア。面差しに柔らかさがある男性とひかえめなパーツを魅せる女性に身近な親しみを見いだしているのかもしれない。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

東ASEAN成長地域、事務局設置を提案(14:59)

テイクオフ:夫の親族が他界し、結婚…(06/25)

中古物件のネット競売が人気 18年は15%増、大半は差し押さえ(06/25)

RM=25.9円、$=4.14RM(24日)(06/25)

ペトロナス格付け、ムーディーズが引き下げ(06/25)

三菱、サラワク州に3Sセンター開設(06/25)

東南アのEC市場、急成長も宅配に課題(06/25)

ポルシェ、SUV「マカン」新型を発売(06/25)

サラワクのセメント価格高騰で調査=財務相(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン