• 印刷する

テイクオフ:地上のどこから見上げて…

地上のどこから見上げても、林立する高層ビルやマンション、高架鉄道が視界に壁を作る。バンコク中心部の空は、本当に狭くなった。

壁といえば、自分がまるごと見えない壁に囲まれていると感じることがある。スマートフォンに最初の数文字を打っただけで、調べたい言葉や、行きたい場所が表示されてくる。なぜ推測できるのか。こちらの脳にコンピューターのセンサーでも埋め込まれているような気分だ。行動が全部読まれている。将来、人工知能(AI)がさらに発達すればどうなる。まるで釈迦の手の中の孫悟空。便利さを得たようで、実はAIの壁の中をひたすら踊るのか。

「ディスラプティブ」(破壊的)という英語も、最近は「革新的な技術」という肯定的な文脈で使われる。見えない壁を打ち崩し、人間の自由を取り戻す方向にこそ、技術の破壊力を発揮してほしい。(範)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:うだるような暑さの中、…(06/27)

中銀がGDP予測を下方修正 3.3%成長、輸出減が予想上回る(06/27)

運輸省、首都空港第2ビル計画の再検討指示(06/27)

路線バスのBMTA、再建で職員5千人削減(06/27)

国鉄、7月からカンボジア国境まで運行(06/27)

LCCタイスマイル、7年ぶり黒字転換予測(06/27)

ヤマハ、大型アフターサービス拠点を開設(06/27)

MBK、パトゥムタニの高級戸建て住宅発表(06/27)

商業施設LT、ホテル・住宅開発に参入(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン