• 印刷する

テイクオフ:2018年の締めが近づ…

2018年の締めが近づき、街が慌ただしい。マニラ各地の商業施設も大にぎわい。年末年始の予定調整、クリスマスプレゼントの手配、来年の準備と、誰もが駆け回る。そんな時期だ。

携帯電話やカメラ、ガジェットなどの販売店には、人がひっきりなしに出入りする。顔なじみとなった店主は、カウンターに押し寄せた注文の処理に大慌てで、「クリスマスはいつもこれだ」と、うれしそうな顔を見せた。

ちょっとした息抜きに、カメラを持ってマカティ市ポブラシオン地区を歩き回ってみた。ロックウェルに近い裏通りには、新たな飲食店やバーが次々と出現しているらしい。所々に建設中のビルがあり、町並みはこれからも変わっていく。

高成長を続けるフィリピンで、マニラという都市は、元々慌ただしさがあったか。年末のイルミネーションの数々を横目に、この街の未来像に、思いをはせた。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:本格的な雨期の到来は、…(07/16)

韓進造船所、国際港に転換 債権団が提案、日米など関心か(07/16)

5月の海外送金受取、5.7%増の26億ドル(07/16)

インフラ2件の変更を承認、経済開発庁(07/16)

通信PLDTの格付け据え置き、S&P(07/16)

首都圏の建材小売物価、6月は1%上昇(07/16)

全国電化計画、目標の17%止まり=監査委(07/16)

15日為替:$1=51.000 ペソ(↑)(07/16)

フェイクニュース処罰法案、上院に提出(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン