• 印刷する

INPEX、イクシスLNG権益66%に増加

国際石油開発帝石(INPEX)は16日までに、オペレーターを務めるオーストラリアのイクシス液化天然ガス(LNG)の権益を、パートナーのフランスの石油大手トタルから4%取得し、これまでの62.245%から66.245%に増やすと発表した。権益追加取得は、オーストラリア政府の承認などを経て発効するもので、INPEXの2018~22年の中期経営計画に合致するものだという。

INPEXが保有するイクシスLNGのプロジェクト権益は、イクシス・ガス/コンデンセート田を含むWA―50―L鉱区とWA―51―L鉱区のほか、イクシスLNGプロジェクトの運営会社の株式を含む。イクシスLNG運営会社はガスパイプラインやガス液化施設などを保有し、ガスの液化の実施や液化ガスの販売権を持っているもの。トタルの権益は、INPEXへの放出により約30%から約26%に減る。

イクシスLNGは10月にLNGを、11月に液化石油ガス(LPG)の輸出を開始した。同LNGプロジェクトは年間890万トンのLNGを生産するもの。


関連国・地域: オーストラリア日本欧州
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タスマニア(TAS)州…(02/20)

楽天損保、豪同業と戦略提携 M&A関連事業を拡大(02/20)

豪への海外投資額、米が中国抜き1位に(02/20)

運輸トール、難民収容所運営に興味あった?(02/20)

〔オセアニアン事件簿〕コーマン金融相、受注企業から家族旅行接待(02/20)

鉄鉱石価格高騰、大手に恩恵も投資は慎重に(02/20)

サウス32、ケンブラ港で労組ロックアウト(02/20)

〔オセアニアン事件簿〕与党と労働党、他国がハッキング攻撃か(02/20)

金価格上昇、中堅産金は買収検討も慎重姿勢(02/20)

外資系ファンド、FPT株式を売買(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン