《日系進出》西鉄、総事業費72億円のコンド開発へ

西日本鉄道は14日、タイでコンドミニアム(分譲マンション)を開発すると発表した。総事業費は約72億円。タイでは人口の増加とともに住宅需要が高まっていることなどから進出を決めた。 コンドミニアムは、地下鉄のパホンヨーティン駅近く、バンコクのチャトゥチャック地区に建設…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイでは中間所得層の拡…(06/17)

起業家の大型支援施設に期待 東南ア最大規模、仕事と生活一体(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

凸版印刷、デジタル化支援で現法設立(06/17)

フィリピン人の95%、日本就労に意欲(06/17)

プーケット、次世代都市開発で米MSと協力(06/17)

米国、5G整備でタイ市場参入を模索(06/17)

テンセント、タイでWeTVを正式に開始(06/17)

5月の新規バイク登録、4.4%減の16.1万台(06/17)

19年5月のタイの新規バイク登録台数(表)(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン