《労使》重慶、来年から最低賃金3百元引き上げ

重慶市人事社会保障局は6日、同市主要地区の最低賃金基準を2019年1月から月額1,800元(約2万9,500円)に引き上げると発表した。現行基準から300元の引き上げとなる。改定は16年1月以来3年ぶり。 現在の最低賃金基準は主要地区が1,500元、農村部は1,400元の2段階となっており…

関連国・地域: 中国-重慶
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

DBS、香港の18年純益37%増で過去最高(19:23)

加工製品からアフリカ豚コレラ、複数企業で(18:51)

【書籍ランキング】1月31日~2月6日(02/18)

テイクオフ:英国生まれで中国でも人…(02/18)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/18)

18年のGDP3.2%増に減速 19年は前年下回る見込み(02/18)

現代自、過剰生産が深刻に 中国工場の稼働率は5割以下に(02/18)

米中貿易協議は継続 今週米首都で、期限前合意目指す(02/18)

1月CPIは1.7%上昇、伸び率0.2P縮小(02/18)

鴻海がハイパワーチップ工場、中国済南市に(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン