• 印刷する

日本支援のAI講座、CPの大学で開始

日本の海外産業人材育成協会(AOTS)は6日、タイでコンビニエンスストア「セブン―イレブン」を運営するCPオール傘下の私立パンヤピワット経営大学(PIM)で人工知能(AI)をテーマとした寄付講座を開始したと発表した。日系企業などと連携し、AI関連人材を育成する。

PIMの工学部3年生から100人を選抜し、9~10月に計6日間講座を開いた。来年にインターンシップを実施する。講師はAI開発やAIビジネスを手掛けるタイの日系企業や日本の大学などの専門家が務める。AIや機械学習の知識を持ち、新しいモノやサービスを生み出す可能性を備えたエンジニアの採用に関心のある日系企業から期待されているという。

同講座は、日本政府から予算を受けた日ASEAN経済産業協力委員会(AMEICC)がAOTSと連携して設置した。

PIMは1988年設立の総合大学。2007年にCPオールが買収した。キャンパスはバンコク北郊ノンタブリ県にあり、学生数は1万6,000人。

講座開設を発表したAOTSとPIMの関係者ら=6日、バンコク(AOTS提供)

講座開設を発表したAOTSとPIMの関係者ら=6日、バンコク(AOTS提供)


関連国・地域: タイ日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

PTT、Sカーブ投資推進に孫会社設立(19:05)

テイクオフ:日本の地元の駅の階段は…(03/26)

親軍政が得票伸ばし続投濃厚 暫定結果、小選挙区はタクシン派(03/26)

タイ政治巡る今後の動き(03/26)

「民主党の大敗」に見るタイ社会の変容(03/26)

何が変わり、変わらなかったか=タイ総選挙(03/26)

投票日前日に票の買収が横行=監視団体(03/26)

FTI会長が首相続投支持、経済界も継続性(03/26)

「市場は様子見続く」=みずほ総研松浦氏(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン