軍事施設保護区域の解除地域、地価上昇か

韓国政府が軍事施設の保護区域、3億3,699万平方メートルを解除することが分かった。北朝鮮との境界に近い、軍事施設が密集する地域がほとんどで、地価の上昇に期待が集まっている。5日付毎日経済新聞が伝えた。 今回の解除規模は24年ぶりの大きさ。うち63%が江原道、33%が京畿…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 建設・不動産政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「魔法の足袋」を買いた…(03/19)

サムスン、スマホ市場で独走 シェア4割確保で東南アジア最大(03/19)

サムスンとLG、パネル市場でシェア縮小(03/19)

2月輸出額11.4%減、半導体不振=確定値(03/19)

2月の輸入物価指数3.6%上昇、韓国銀行(03/19)

出前アプリ市場、20年に3800万ドル規模へ(03/19)

現代自動車、部長までの役職を統廃合(03/19)

大気汚染による経済損失、18年は4千億円(03/19)

韓国企業、ダナンでスマート都市開発を提案(03/19)

新韓金融持ち株、AI投資顧問会社を設立(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン