三菱重工にまた賠償命令、挺身隊訴訟で

【光州共同】韓国南西部の光州高裁は5日、戦時中に名古屋の軍需工場へ動員され、強制労働させられたとして元朝鮮女子勤労挺身隊員の韓国人女性3人と遺族1人が三菱重工業に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、同社に計4億7,000万ウォン(約4,700万円)の賠償を命じた一審判決…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

フェローテック、韓国関連会社が法違反起訴(02/15)

ハンファ、トルコの太陽光事業から撤退か(02/15)

国産戦闘機向け部品の加工開始、KAI(02/15)

デジタル印刷に商機あり オフセットからの転換需要が拡大(02/15)

23年に売上2兆円、韓進が経営刷新案(02/15)

現代自「エラントラ」19年モデル生産開始か(02/15)

現代・起亜自の新卒採用、各部署で随時に(02/15)

自動車3社、投資に向け優遇措置を求める(02/15)

文大統領が釜山訪問、スマート都市造成(02/15)

サムスンが新技術、ブロックチェーン関連で(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン