• 印刷する

テイクオフ:今年も残すところ1カ月…

今年も残すところ1カ月を切った。インドネシアにいると、日本では冬を迎えていることを忘れがちだが、クリスマス仕様に飾り付けられた商業施設を見ると年の瀬が近いことを実感する。

8月から10月にかけて開催されたアジア大会とアジア・パラ大会のときには首都中心部一帯が大会一色に飾り立てられた。開催当時よりは減ったものの、まだ多くの広告が残っている。

気になるのは、塀や壁にペンキで描かれたマスコットキャラクターたちや、過去に頓挫したモノレール計画の柱を隠すように設置された看板。開催当時から大会後はどうなるのか気になっていたが、まだそのままの場所が多いようだ。今年いっぱいはこのままなのか、クリスマスの飾り付けのようにイベントごとに更新されるのか、はたまた都市にのこされた記憶のようにずっと残るのか、見るたびに考えてしまう。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ピジョン販売代理店、今年は2桁成長を目標(05/24)

デモに乗じてテロ攻撃の恐れ、警察が警告(05/24)

独アウディとVWの新型SUV、7月に発売(05/24)

テイクオフ:マイカーは持たざる者と…(05/24)

世界ブランドのロブスタ種に 南スマトラ州、製法や物流改善(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

暴動7人死亡、警察は400人以上拘束(05/24)

五菱といすゞ、年内に完成車の輸出を開始(05/24)

チカンペック高速、料金所がきょうから移転(05/24)

スリウィジャヤ、直行便3路線を就航へ(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン