• 印刷する

テイクオフ:今年も残すところ1カ月…

今年も残すところ1カ月を切った。インドネシアにいると、日本では冬を迎えていることを忘れがちだが、クリスマス仕様に飾り付けられた商業施設を見ると年の瀬が近いことを実感する。

8月から10月にかけて開催されたアジア大会とアジア・パラ大会のときには首都中心部一帯が大会一色に飾り立てられた。開催当時よりは減ったものの、まだ多くの広告が残っている。

気になるのは、塀や壁にペンキで描かれたマスコットキャラクターたちや、過去に頓挫したモノレール計画の柱を隠すように設置された看板。開催当時から大会後はどうなるのか気になっていたが、まだそのままの場所が多いようだ。今年いっぱいはこのままなのか、クリスマスの飾り付けのようにイベントごとに更新されるのか、はたまた都市にのこされた記憶のようにずっと残るのか、見るたびに考えてしまう。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジャカルタ副知事、党支部が候補者絞る(02/15)

道路公団、空港行き高速道路の料金改定延期(02/15)

訪日旅行者を商業施設に誘致 三井不子会社、首都で説明会(02/15)

日本ハム、鶏・牛肉加工品を生産へ(02/15)

自動車3社、投資に向け優遇措置を求める(02/15)

アストラ、1月の自動車販売台数は8%減(02/15)

業界団体、首都の業種別最低賃金の撤廃要求(02/15)

MRT開業は3月24~31日の間に設定(02/15)

MRT2期工事の円借款、州政府が管理(02/15)

ガルーダ航空グループ、国内線を2割値下げ(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン