タイ国鉄、3県で土地利用法を再検討

タイ国鉄(SRT)は、保有地の利用法を再検討する特別委員会を設置する計画だ。無許可や無料で提供されている土地の有料化や商業開発を進め、収益化を目指す。4日付ポストトゥデーが報じた。 SRTは全国の線路脇や駅周辺に保有する土地のうち、東北部ブリラム、西部カンチャ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

18年GDP成長率4.1%、民間消費がけん引(15:28)

JBIC、外観検査デクシスのタイ事業支援(14:00)

テイクオフ:来月24日にタイで予定…(02/18)

電動ボート、首都河川で運航 大気汚染で公共交通の電動化機運(02/18)

タイ中高速鉄道の一部区間、来月契約締結へ(02/18)

KL少年野球大会、400人の選手たちが熱闘(02/18)

18年の投資申請4割増、FDIは米国が17倍(02/18)

18年1~11月の模倣品押収4倍増、密輸急増(02/18)

グロウの東部発電所売却、5社が購入に関心(02/18)

PTTEP、米石油ガス開発会社に3割出資(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン