• 印刷する

燃料価格が下落、原油価格上昇も

カンボジア商業省は燃料価格を改定し、ガソリン価格を1リットル当たり3,450リエル(約97円)に下げた。下げ幅は200リエル。プノンペン・ポスト(電子版)が4日に報じた。

軽油の価格も300リエルほど下げ、同3,500リエルとした。1~15日まで適用する。商業省は市場価格の変動に合わせて約2週間ごとに燃料価格を見直している。

国際市場における原油価格は、2大産出国であるロシアとサウジアラビアが協調減産の継続を決定したことと、米国が対中関税の引き上げ見送りに合意したことから、3日には5%以上上昇した。

一方、カンボジアではガソリン価格が下げ止まらない。ある業界幹部は「国際価格が上昇しても、小売価格に反映されるには時間がかかるからだ」と述べた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日通、多機能倉庫を建設 12月稼働、柔軟対応で需要開拓(02/21)

年功補償の実施延期案も、官民合同会議(02/21)

日本政府、港湾電子化・かんがい整備を支援(02/21)

EU制裁は国際対立を激化、野党名誉党首(02/21)

シアヌークビル空港、滑走路延伸が着工(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

今年のコメ輸出は昨年並み、中越の枠拡大で(02/21)

シエムレアプに水族館建設、7千万ドル投資(02/21)

越産コメ輸出、条件緩和も中国規制で減速(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン