繊維産業界、上流製品の制裁関税継続に異議

インドネシア政府が、繊維の上流製品を輸入する際に課してきた反ダンピング(不当廉売)関税を継続する方針を示したことについて、繊維産業界から反発の声が上がっている。上流製品の国内生産量が需要を下回る中で不当廉売関税を継続すれば、原料を輸入する下流産業の競争力低下が…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ジャカルタ副知事、党支部が候補者絞る(02/15)

道路公団、空港行き高速道路の料金改定延期(02/15)

訪日旅行者を商業施設に誘致 三井不子会社、首都で説明会(02/15)

日本ハム、鶏・牛肉加工品を生産へ(02/15)

自動車3社、投資に向け優遇措置を求める(02/15)

アストラ、1月の自動車販売台数は8%減(02/15)

業界団体、首都の業種別最低賃金の撤廃要求(02/15)

MRT開業は3月24~31日の間に設定(02/15)

MRT2期工事の円借款、州政府が管理(02/15)

ガルーダ航空グループ、国内線を2割値下げ(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン