• 印刷する

テイクオフ:キャンベラの国会議事堂…

キャンベラの国会議事堂に初めて入ったのは15年前で、ロータリークラブ関連のパーティーが行われた時だった。夜に行われたイベントだったので、要人がいなかったせいか、正面玄関から何の手続きもなく入った覚えがある。

当時の印象が強いので、通常の議事堂開放時間に中へ入る際、持ち物検査の列に並ばなければいけないことを不便に感じてしまう。中高生の社会見学と同じ日になると長い列ができるのでうんざりだ。ただ、特別の手配をしてもらえれば、別の議事堂に入る通用口を利用できるそうだ。

先日は国会議員に会うために議事堂に入った。まずオフィスに電話し、秘書が玄関広場に来るのを待った。合流してから一緒に入館受け付け口で入館証をもらい、オフィスに入ることができた。当然の手続きと言えばそうだが、意外にあっさりしているような気もする。(頼徳)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでは近い…(07/19)

豪企業、余剰電力の売電可能に 22年7月から、AEMO規制案(07/19)

AGL株主、石炭火電の早期閉鎖を要求(07/19)

連邦と州政府、建設業界の規制厳格化で合意(07/19)

大和ハウス傘下、サービスアパート拡大へ(07/19)

ピルバラミネラル、リチウム事業放出進まず(07/19)

アサヒ、豪の最大手ビールメーカー買収か(07/19)

6月失業率5.2%と横ばい、利下げを誘発か(07/19)

大手の法人税減税、経済成長と賃金上昇も(07/19)

〔政治スポットライト〕次期潜水艦、「豪州で作って」=豪国防相(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン