• 印刷する

マンダレー線、中国製車両の購入承認

ミャンマー連邦議会は、中国製の鉄道車両28両を調達するため、同国から8,000万人民元(約13億2,000万円)の無利子融資を受けることを承認した。電子メディアのイラワジが3日伝えた。

調達する車両は、最大都市ヤンゴンと第2の都市マンダレーを結ぶ既存路線に投入する。運輸・通信省によると、同路線は1日当たり1,000人以上が利用し、運賃収入は1両当たり300万チャット(約21万8,000円)。

中国からの資金調達について検討した連邦議会では、国会議員から政府に対し、車両の状態が良好であることや、価格が妥当であることなどを確認するよう求める意見が出された。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

外国人に株取引を開放へ ヤンゴン証取、活性化に道筋(07/15)

大和証券グループが未上場企業向けファンド(07/15)

チャウピュー深海港、環境影響評価始まる(07/15)

外銀選定のコンサル業務、外資系4社が関心(07/15)

1~6月の査証入国の外国人観光客、33%増(07/15)

通信・製造業への投資関心、16年以降拡大(07/15)

マンダレー王宮の修復事業、7社が関心表明(07/15)

シュエボー・コメ取引所、公開会社へ(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン