• 印刷する

経済・外交強化へ、ネパールと覚書4件

カンボジアとネパールは、経済・外交関係の強化に向けて覚書4件を結んだ。外交官や公用旅券保持者に対するビザ(査証)免除や両国間の直行便の就航などが柱。複数の現地メディアが3日伝えた。

カンボジアのフン・セン首相が先週、ネパールで開かれた民間団体主催の「アジア太平洋サミット」に出席した際、ネパールのオリ首相やバンダリ大統領との首脳会談覚書を結んだ。

フン・セン首相は「覚書により両国間の投資・観光が拡大する」と述べた。オリ首相は「両国の緊密で友好的な関係は、1975年の外交関係の樹立以来、続いている」と話した。


関連国・地域: カンボジアネパール
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

カナディア銀、上場企業に優遇サービス提供(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

シアヌークビル―中国直行便、開設相次ぐ(07/23)

主要3空港の旅客数、上半期は16%増(07/23)

英ホテル開発YOO、カンボジアに進出へ(07/23)

中国、カンボジア基地使用で合意=米紙報道(07/23)

CSXでの資金調達、累計で1.3億ドル突破(07/22)

違法書類保持の外国人、10カ国の7万人摘発(07/22)

違法ストは業界に打撃、縫製協会が警告(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン