• 印刷する

番号ポータビリティー、利用手続き簡素化

携帯電話キャリアを変更しても同じ電話番号を継続使用できる番号ポータビリティー制度を利用する際の手続きが、中国の一部地域で1日から簡素化された。中国国営ラジオ局である中央人民広播電台(CNR)傘下のニュースサイト央広網などが伝えた。

対象は同制度が試験導入されている天津市、海南省、江西省、湖北省、雲南省の5省・直轄市。ユーザーがキャリアの変更を希望する場合、従来利用してきたキャリアにショートメッセージサービス(SMS)で資格の有無を確認し、認証番号を取得する。その後、変更先キャリアの営業所に認証番号を提示し、変更手続きを行うことになる。

番号ポータビリティー制度は2010年11月から天津と海南、14年9月から江西、湖北、雲南でそれぞれ導入されているが、これまでは新旧双方のキャリアの営業所に直接出向いて手続きを行う必要があった。新制度では店頭での手続きが変更先のキャリアのみで済む。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

全ての村にネット通販、22年めどに物流整備(05/24)

米系のVRテーマパーク、横琴で7月開業(05/24)

「第3の通信会社」、買収で事業免許取得(05/24)

中華電信、華為販売見合わせ 他社も様子見、シェア拡大に暗雲(05/24)

深セン、検問所の改革実行へ 皇崗は貨物通関停止、両地一検も(05/24)

警備設備の関連業界に波紋 米の制裁懸念で、株価は急落(05/24)

中台連合のJDI支援、決定に至らず(05/24)

新しい横琴検問所、年末に供用開始へ(05/24)

日本企業、華為向け製品への対応急ぐ(05/24)

【一帯一路の現場から】日本の投資待つ、ハンバントータ港開発(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン