• 印刷する

番号ポータビリティー、利用手続き簡素化

携帯電話キャリアを変更しても同じ電話番号を継続使用できる番号ポータビリティー制度を利用する際の手続きが、中国の一部地域で1日から簡素化された。中国国営ラジオ局である中央人民広播電台(CNR)傘下のニュースサイト央広網などが伝えた。

対象は同制度が試験導入されている天津市、海南省、江西省、湖北省、雲南省の5省・直轄市。ユーザーがキャリアの変更を希望する場合、従来利用してきたキャリアにショートメッセージサービス(SMS)で資格の有無を確認し、認証番号を取得する。その後、変更先キャリアの営業所に認証番号を提示し、変更手続きを行うことになる。

番号ポータビリティー制度は2010年11月から天津と海南、14年9月から江西、湖北、雲南でそれぞれ導入されているが、これまでは新旧双方のキャリアの営業所に直接出向いて手続きを行う必要があった。新制度では店頭での手続きが変更先のキャリアのみで済む。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

1月CPIは1.7%上昇、伸び率0.2P縮小(02/15)

マハティール首相、国交45周年で4月訪中(02/15)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(02/16)

地方政府が競って中小支援策 融資に減税、中央の方針受け(02/15)

1月の貿易4%増、プラス成長に転じる(02/15)

中国、教育などに766万ドル支援(02/15)

香港航空がNZ路線撤退、北京便は増便(02/15)

米中協議、60日延長検討か(02/15)

ササ、春節の香港マカオ市場は4.8%減収(02/15)

海外からの対中投資、1月は4.8%増(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン