• 印刷する

テイクオフ:「今度コーヒーをおごる…

「今度コーヒーをおごるよ。だから、もう泣かないで」――。激戦の高雄市長選で惜しくも敗れ去った民進党の陳其邁氏がこのほど、フェイスブックの生放送を通して、自身の敗北を受けて涙を流した女性を慰めたことが称賛を集めている。

勝利した国民党の韓国瑜氏に比して、面白味に欠けると評されることもあった陳氏。だが、背景には民進党が大物政治家を応援に送り込むなど党としての戦いを前面に打ち出した結果、陳氏の個性が埋没した一面もある。高雄育ち、医者で医療分野に明るいなど、韓氏とは違った魅力もあった。

民進党の牙城とされてきた高雄。しかし若者を中心に無党派層が増えているのが実情だ。もし民進党が自分たちの高雄でのブランドを過信し、陳氏個人の資質を過小評価したのなら、大きな戦略ミス。Tシャツ姿で愛猫とともに生放送に臨む陳氏の素朴な魅力に触れて、そう思った。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中華航空スト収束、労使合意 既に職場復帰準備、欠航も解消へ(02/15)

ASUS、19年台湾スマホシェア13%目標(02/15)

デルタ、台湾高鉄のPISシステム受注(02/15)

デルタ、タイ関連会社の買収手続きへ(02/15)

日月光控股、1月売上高は前月比10.5%減(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

科技部、人工衛星を毎年1基打ち上げへ(02/15)

中鋼董事長、19年は「前年と同様に好成績も」(02/15)

台プラ4社の1月売上高、台塑が前年同月比増収(02/15)

18年の農産品輸出、20年来の最高に(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン