1~10月の新規HIV感染、265人と大幅減

シンガポールでHIV(エイズウイルス)感染者が減っている。保健省が1日発表した統計によると、1~10月に新たに感染が判明したシンガポール人と永住権(PR)保持者は265人で、前年同期の361人を大幅に下回った。 今年上半期(1~6月)に新規感染が判明したのは156人。全員…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(19:24)

貨幣処理機グローリー、地場企業に出資(17:56)

クレカ発行数が4年で8%減、規制強化が影響(16:08)

ポーラ化成工業、皮膚科学研究所と共同研究(17:57)

薬剤師登録が可能な海外認定校、61校に半減(17:57)

家電販売TT、投資会社が4800万Sドル融資(16:08)

乗用車の新規車両登録、1~6月は7%減(16:08)

企業庁と地場VC、HCM市と企業支援で提携(16:08)

高速バスのウィラー、東南アジア展開を加速(15:50)

次世代航空エンジンの開発加速 ロールスロイス、産学共同研究で(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン