ロヒンギャ帰還に向け視察、ASEAN当局者

【ヤンゴン共同】ミャンマーメディアなどは29日、東南アジア諸国連合(ASEAN)事務局の当局者2人が、27日からミャンマー西部ラカイン州で、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの隣国バングラデシュからの帰還に向けた視察をしていると伝えた。30日まで滞在する。 報道によると…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

外国直接投資に復調の兆し 18年度12億ドル、目標の22%に(02/19)

日本語教師、授業に生活・文化事情の反映を(02/19)

米企業、金融や教育分野の投資に関心(02/19)

マンダレー、ごみ収集車にIT管理システム(02/19)

高付加価値の農産品、韓国への輸出促進協議(02/19)

ミャンマーとラオス、電力協力で閣僚級会合(02/19)

新興リサイグロ、北欧企業から資金調達(02/19)

豪企業、マンダレーで金の採掘認可を申請(02/19)

シャン州ピンダヤに農業学校、ドイツが協力(02/19)

【ミャンマー進出関連法】地場銀行の外資受け入れ許可 第177回(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン