• 印刷する

労組CFMEU、繊維業界の立ち入り可能に

オーストラリアの労使裁定機関フェアワーク委員会(FWC)は、建設・林野・鉱山・エネルギー労組(CFMEU)の中でも闘争的な建設部門が、繊維業界の現場に立ち入ることは問題ないとの判定を下した。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

CFMEUのクイーンズランド州建設部門のマイケル・ラブバー書記長は、工業用繊維製造会社ジオファブリックスの同州にある工場に労組幹部を繰り返し送り込み、問題となっていた。

現場の監視カメラには、労組幹部らと企業側の責任者らが押し合ったり叫びあったりし、警察が出動する様子が収められていた。ジオファブリックスは、建設労組の関係者は繊維労組に属さないため工場に入ることはできないと主張していた。

繊維業界を代表する労組であるオーストラリア繊維・服飾・履物労組(TCFUA)は、今年3月にCFMEUと合併したが、CFMEUの製造業部門の一部として独立して活動している。

ジオファブリックスの主張についてFWCは、CFMEUと繊維労組が合併したため、内部問題であり立ち入りは問題ないとの見解を示した。ただ、FWCのゴステンチニック副委員長は、戦闘員がよくやるような虚勢を張るふるまいは現代の職場にはふさわしくなく、恥ずかしいことだと戒めた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 繊維建設・不動産雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で一時期話題になっ…(02/22)

QLD州でガスが足りない! 25年までにLNGフル稼働困難(02/22)

FMG66%増益、鉄鉱石価格上昇と需要増で(02/22)

グレンコアが石炭生産制限、投資家の圧力で(02/22)

豪1月失業率、5.0%で横ばい(02/22)

税回避タスクフォース、総額77億ドルを徴収(02/22)

〔政治スポットライト〕前外相が議員辞職、次期選挙出馬せず(02/22)

R&D税控除制度、政府がガイドライン発表(02/22)

ペルーとの貿易協定遅延、豪労働党が再交渉(02/22)

〔ポッサムのつぶやき〕豪裁判所、ビザ不服申立て未処理6万件超(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン