一汽の新車販売、5年以内に590万台目指す

中国の自動車大手、中国第一汽車集団(吉林省長春市、一汽集団)の徐留平董事長(一汽集団共産党委員会書記)は27日、長春で開いた同社の共産党会議で活動報告を行い、2023年までに同社の新車販売台数を590万台超に引き上げる目標を明らかにした。 23年までに売上高は9,000億元(…

関連国・地域: 中国-吉林
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

米国債保有残高、23カ月連続で中国が首位(11:37)

観光促進に4戦略、国境観光や特別割引(12:17)

三菱電、FA強化へシンガのメーカーに出資(15:48)

PLDT、華為などと5G商用化で交渉(11:36)

「デモの経済影響小さい」 著名学者、基盤安定を強調(06/18)

テイクオフ:ドラゴンボートレースは…(06/18)

MINISOが100店舗突破 売上40億ルピーへ、ECにも進出(06/18)

レアアース規制「策定中」 発改委、対米輸出規制を再度示唆(06/18)

訪台中国人観光客が大幅回復 ビザ条件緩和が奏功、5月82%増(06/18)

中国人のコンド需要半減、バーツ高が影響(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン