政府合同庁舎ゾーンC、内閣が建設承認

タイ財務省傘下の不動産開発会社、タナラック・アセット・デベロップメント(DAD)は、内閣がバンコク北部チェーンワタナ通りにある政府合同庁舎の第3期(ゾーンC)開発計画を承認したと明らかにした。事業費300億バーツ(約1,032億円)の調達方法をとりまとめ、来年の着工を…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

三菱電機、18年度8%増収へ 省エネエアコン強化で首位固め(01/18)

物流ギオン、海外初拠点を開設(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

タイ国鉄、複線化事業に向け1900人増員(01/18)

ビルダースマート、建材7割で年商34億円へ(01/18)

不動産ライモン、不妊治療サービスに参入(01/18)

タイEC市場、今年は11兆円規模=ETDA(01/18)

セントラル小売部門、EC販売を2倍に(01/18)

セブンイレブン、社会保険の加入手続き代行(01/18)

18年1~11月の宝飾品輸出7%減、金が不調(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン