駅の案内にAI本格導入、山手線6駅で実証実験

【共同】JR東日本は27日、人工知能(AI)を活用した案内システムを駅や駅ナカの商業施設に本格導入しようと、山手線6駅で12月7日から来年3月15日まで、大規模な実証実験を展開すると発表した。計15種類のデジタルサイネージ(電子看板)やロボットなどが登場し、乗客からの…

関連国・地域: 日本
関連業種: 運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

プルタミナ、モザンビークのLNG購入(14:50)

日通、多機能倉庫を建設 12月稼働、柔軟対応で需要開拓(02/21)

中台勢がテレビ市場席巻、国内大手は高級路線(02/21)

テイクオフ:大統領選まで2カ月を切…(02/21)

「MUJI」、20年にHCM市でオープンへ(02/21)

三菱重の業務用空調販売へ 上洋、回帰投資や飲食業需要に対応(02/21)

ドンキがタイ1号店オープン 域内2カ国目、他店の半額以下も(02/21)

ダバオを成長地域のハブに 注目浴びるミ島の潜在力(上)(02/21)

年功補償の実施延期案も、官民合同会議(02/21)

日本企業の英離れ拡大、EU離脱で戦略見直し(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン