• 印刷する

成都の中低速リニア、来月着工へ

四川省成都市で来月から、中低速リニアモーターカー路線の建設が始まる見通しだ。設計最高時速は200キロメートル。2019年12月の試験営業を目指す。27日付成都商報が伝えた。

実験線として同市の成都天府新区に建設する。建設事業を担うのは橋の部品メーカーで、エコカー(新エネルギー車=NEV)も手掛ける成都市新築路橋機械。同事業の環境アセスメント報告書によると、総額6億7,642万元(約110億7,500万円)を投じて、全長3.6キロのリニア路線を整備する。来年9月末までに完成させ、10月に試運転を行う予定だ。


関連国・地域: 中国-四川
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

【米中摩擦】在中国企業51%が「受注減」 人件費と環境規制、移転後押しも(06/26)

テイクオフ:広州の地下鉄でもスマホ…(06/26)

車販売の新政策、相次ぎ施行 NEV補助削減と排ガス規制強化(06/26)

別の台湾1社も離脱、JDI再建は一層不透明に(06/26)

中国国境ムセの輸出額、10~6月は26%減(06/26)

19年の成長率2.5%に鈍化、モルガン予測(06/26)

劉副首相、通商問題で米と電話協議(06/26)

三井物産、中国ヘルスケア投資で新ファンド(06/26)

アフリカ支援の成果強調、中国(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン