ライオン機墜落事故で報告書 機体制御のデータ計測機器が故障

インドネシアの格安航空会社(LCC)ライオンエアのボーイング737MAX8が10月29日にジャカルタ沖に墜落、乗客乗員189人全員が死亡した事故から1カ月が経過した。事故原因の調査を主導している国家運輸安全委員会(KNKT)は28日、暫定調査報告書を公表した。調査報告書は…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

蘭社の3Dプリンター、来年初頭に国内販売(14:33)

バリ島沖でM5.7、寺院損壊(13:11)

チェプ鉱区のガス田開発、生産井の掘削開始(12:55)

テイクオフ:ゴールは、ほんの数メー…(07/16)

ネットで買い物、5割以下 プロバイダー協会調べ(下)(07/16)

富士フイルム、脳病院に画像処理機器を導入(07/16)

ヤマグチレッカー、スラバヤ市から3台受注(07/16)

5月貿易収支、2カ月連続で黒字(07/16)

インフラと投資環境の整備を推進、大統領(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン