「米が雰囲気壊した」、宣言断念で中国

【北京共同】中国外務省の耿爽副報道局長は19日の記者会見で、18日閉幕したアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議について「米国がかんかんに怒って会議に臨み、対立をつくって雰囲気を壊した」と述べ、首脳宣言の採択が見送られた原因は米側にあると示唆した。 会議では…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国人観光客が増加の一途 ビザ緩和で直行便就航相次ぐ(07/24)

中国軍による基地使用報道、首相が否定(07/24)

テイクオフ:道端でザリガニに出合っ…(07/24)

中国版ナスダックが始動、対米にらみ企業育成(07/24)

外資588社が他国に生産移管 昨年広東で、工情省は懸念打ち消し(07/24)

UMC、中国子会社の科創板上場取りやめ(07/24)

香港のGDP成長率、今年2%達成は困難か(07/24)

フォーチュン500、中国119社ランクイン(07/24)

基本インフレ率、豚肉高騰で上昇の恐れ(07/24)

米中が来週にも貿易協議か、米メディア報道(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン