政府、タイ出稼ぎ労働者の合法化に苦慮

ラオス政府が、タイで不法就労しているラオス人労働者の合法化手続きに苦慮している。労働・社会福祉省は当初、順調に進めば2019年中にも手続きを完了する方針を示していた。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が19日伝えた。 ボウンコーン・ラソウカン労働・社会福祉副大臣は16日…

関連国・地域: タイラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

トンルン首相、公務員削減の加速を指示(02/18)

統計局、中銀に通貨安定策を要請(02/15)

財務省、19年の関税収入4.4%増を予測(02/14)

後発3カ国の対日輸出2割増 18年は30億ドル、域内では小規模(02/14)

政府、災害管理など4法案審議(02/13)

両備システムズが合弁会社、ICT事業参入(02/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン