• 印刷する

テイクオフ:新居への引っ越しを機に…

新居への引っ越しを機に家具や家電を新しくしている。

ベッドはスウェーデンの家具販売店イケアのものを購入した。これまで小物を買うことはあったものの、自分で組み立てる大型の家具を購入するのは初めて。少しドキドキしながら届いた段ボール箱を開封したが、同封の説明書は分かりやすく、細かい部品が多いのにもかかわらず、すいすいと作業することができた。

組み立てながらふと気が付く。この説明書には文字や文章が一切なく、すべてイラストのみで構成されている。なるほど簡単に内容をのみ込めるはずである。

そういえば別の日に購入した家電製品の説明書は、途中で読むのを諦めてしまった。イケアが世界中で売り上げを伸ばしている背景には、現地の言語に関係なく、誰でも理解できるように工夫された商品・売り場・説明書などのデザインがあるのかもしれない。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: その他製造小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本製陶器ドリッパーをPR トランク、カフェアジアに初出展(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

アジア企業景況感、1~3月期も低迷(03/22)

アジアのインフラ開発で米国と協力推進(03/22)

中国経済減速の影響大、ムーディーズ調査(03/22)

雲南料理店、ジュエルチャンギに海外1号店(03/22)

オネストビー、一部地域向けに1時間で配達(03/22)

越の配車アプリ「ファストゴー」、来月進出(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン