16日指数は反落、ハイテク値がさ株が低調

16日の台湾株式市場で加権指数は反落。終値は前日比29.37ポイント(0.30%)下落し9,797.09ポイント、売買代金は1,162億4,400万台湾元(約4,260億円)だった。 週末を控えた集中市場は、ハイテク値がさ株が低調な値動きとなった。外資証券が、半導体関連株の見通しを楽観視しない…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:教育に携わる者は政治的…(06/27)

清掃マッチングで年8万件成約 潔客幇の林文康CEO(06/27)

サーバーの緯穎、米国工場建設を検討(06/27)

シャープ後継選びが本格化、戴氏は20年にも交代(06/27)

18年の平均賃金、晶エンが聯発科抑え半導体1位(06/27)

大成鋼、貿易摩擦も米国生産で恩恵(06/27)

繊維の光隆、宜蘭で既製服のR&Dセンター着工(06/27)

明基傘下の美若康コンタクト、香港市場進出(06/27)

自転車2社、欧州で電動自転車の生産拡大(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン