• 印刷する

テイクオフ:クリスマスが周りにあふ…

クリスマスが周りにあふれてきた。ツリーに音楽、イルミネーションがどこにでもある。9月にぽつぽつとお祝いムードになったと思えば、11月初めの連休が明けたら一気に加速。最高潮を迎える年末に向けて、これからどんどんとイベントが増えていくという。

クリスマス当日だと言われても信じそうなイルミネーション群を見て、ふと思った。電力インフラがぜい弱な中で「クリスマス電力危機」が発生するのでは、と。友人に仮説を話すと、「クリスマスは国民全員が本気だから、大丈夫だ」と自信にあふれた返事が返ってきた。

別の知人は、「電力消費がピークとなる酷暑期は3~5月で、クリスマスは問題ない」と指摘する。台風など不測の事態が発生しない限り、懸念はないらしい。「豪華にお祝いしたいがための、強盗は増えるよ」と笑顔でささやかれた。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ系消費者金融、来年に顧客7割増計画(17:45)

BOI、バタンガスの油脂化学工場に優遇(12:33)

中銀が政策金利据え置き 6会合ぶり、インフレ率鈍化受け(12/14)

11月新車販売、23%減の3.1万台(12/14)

伊藤忠、ドールの果物かすでバイオガス発電(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

PEZA投資認可、1~11月は44%減少(12/14)

13日為替:$1=52.620ペソ(↑)(12/14)

マカティ地下鉄計画が始動、事業者と覚書(12/14)

バイクタクシーまだ認めず、最高裁が判断(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン