• 印刷する

SEZでの原産地証明書発行、商業省が始動

カンボジア商業省は、農産物輸出で必要となる原産地証明書を経済特区(SEZ)で発行する取り組みを強化する。既に発行が始まっているSEZもあり、手続き期間は現状の最大2週間から16時間に短縮される。クメール・タイムズ(電子版)が9日伝えた。

商業省の担当者によると、南西部コッコン州と南部シアヌークビル州のSEZで同省職員や入居企業を交えた研修を実施している。ベトナムと国境を接する南東部スバイリエン州バベットのSEZでは、既に証明書の発行が始まっている。

商業省は現在、タイと国境を接するパイリン、バッタンバン、バンテイメンチェイ、ウドンメンチェイの4州、ラオスとベトナムに隣接するラタナキリ州、ベトナムに隣接する東部トボンクムン州の各政府に、原産地証明書の発行権限を認めている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中国から自転車生産移管 米企業が計画、貿易摩擦を回避(11/21)

本田「監督」が初勝利、ラオスに3ー1(11/21)

運輸相、「一帯一路」は貿易拡大に寄与(11/21)

17年の燃料輸入222万トン、鉱業省(11/21)

不動産開発の加速、インフラ整備が不可欠(11/21)

メコンの空路接続調査、課題解決に期待(11/21)

タケオの給油所14カ所を起訴、品質不正で(11/21)

仏開発庁、水資源管理など3事業支援(11/21)

【カンボジア街歩き】カンボジアのサッカーは明るい! 第17回(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン