低賃金上昇などで雇用百万人減、民間研究所

決済システムの開発などを手掛ける韓国情報通信傘下の経済研究所、パイ―タッチ研究院は7日に発刊した研究報告書で、最低賃金の引き上げとクレジットカードの手数料引き下げにより2019年に100万人分の雇用が失われる可能性があると主張した。 報告書では、「19年1月に最低賃金が…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

KTがUAEでスマート農業、海外初進出(18:09)

日本で両替なし簡単決済、カカオが来年開始(17:47)

サムスンバイオの第4工場、着工の白紙化も(17:17)

テイクオフ:最も好きな韓国料理「ア…(11/20)

危機の自動車部品メーカー 上場社の過半が売り上げ減少(11/20)

日韓商工会議所の会議が延期、徴用工判決で(11/20)

LGグループ、新会長の下で経営革新か(11/20)

半導体や石化、19年は後退局面の予想(11/20)

仁川港湾公社、海外拠点を上海と越に移転(11/20)

現代自が米大学と協業、モビリティー分野で(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン