地下鉱山探査ドローン企、350万$調達

オーストラリアの自律型ドローン(小型無人機)のスタートアップ企業エメセントが、同社のドローンによる地下鉱山データ収集システムに対し、350万豪ドル(約2億8,950万円)の資本投資を受けたことが分かった。同社の技術は既にオーストラリア、日本、米国、カナダ、中国の採鉱現…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: その他製造IT・通信天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

〔オセアニアン事件簿〕中国によるサイバー攻撃、豪政府に対応圧力(17:00)

政府、財相にエネ企業事業分割行使権付与か(17:00)

シドニーオフィス空室率3%に、賃料は上昇(17:00)

テイクオフ:友人が網膜色素変性症の…(11/20)

【特集企画】業界座談会第3弾・小売り業 ブランディングをどうする?(上)(11/20)

不振のマイヤー、クリスマス商戦も救えず?(11/20)

今年のクリスマス商戦、1人平均1325$消費(11/20)

〔政治スポットライト〕APEC後、豪日の役割が重要=豪紙社説(11/20)

来年発売の日産リーフ、豪で新たな電力源に(11/20)

NT石油ガス生産、拡大には日本の投資必要(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン