• 印刷する

公営住宅の中古価格、10月は0.2%下落

不動産情報サービスのシンガポール・リアル・エステート・エクスチェンジ(SRX)が8日発表した10月の公営住宅(HDBフラット)の中古販売価格指数(速報値、2009年1月=100)は130.5となり、前月から0.2%下落した。マイナスは2カ月連続。前年同月比では2.1%下げている。

住宅タイプ別では、民間企業が開発したエグゼクティブ・コンドミニアム(EC)が前月から2.2%下落。4部屋タイプも0.7%下げている。一方、3部屋タイプは0.8%、5部屋タイプは1.5%それぞれ上昇した。

中古販売価格(中央値)は、3部屋タイプが29万Sドル(約2,400万円)、4部屋タイプが39万5,500Sドル、5部屋タイプが47万Sドル、ECが60万5,000Sドル。全体では39万8,000Sドルだった。

中古物件の取引戸数は前月比0.3%減の1,994戸。ただ前年同月比では11.8%増と2桁のプラスだった。

SRXが試算した市場価格と比べて、取引額がどれだけ上乗せされたかを示す「TOX」額の中央値はマイナス1,000Sドル。9月はマイナス1,100Sドルだった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールのチャンギ…(01/23)

19年の日系予想昇給率は3.2% NNA調査、優秀人材確保が課題(01/23)

FTA結び戦略的関係へ、EUとASEAN(01/23)

シンガポールの配車アプリ、越で供与開始(01/23)

法務省、著作権法改正の報告書公表(01/23)

人的資源の競争力、6年連続で世界2位(01/23)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(351)(01/23)

ウィルグループ、地場人材紹介CCGを買収(01/23)

ICMG、地場の人事AI新興企業と提携(01/23)

ICMGや東電の出資先と新会社、地場WE(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン