• 印刷する

アットコスメが香港3号店、本土客にも照準

美容情報総合サイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルは8日、香港3号店を新界・上水で9日にオープンすると発表した。中国本土に近いエリアでの出店で、本土消費者の需要も取り込む考え。

大型商業施設「上水広場(ランドマーク・ノース)」に出店する。売り場面積は約45坪。店内で扱う商品は250ブランド、最小管理単位(SKU)ベースでは3,500SKUで、全て日本の化粧品ブランドとなる。1~2号店で人気のブランドに加え、本土で人気の「HIROSOPHY(ヒロソフィー)」、「MEDIHEAL(メディヒール)」などのブランドを新たに扱う。店内中央に設置したデジタルサイネージ(電子看板)ではアットコスメのランキング情報や最新情報を発信する。

3号店は、深センとの境界にある羅湖検問所から近く、本土からの旅行者が多い人気ショッピングスポット。商品を自由に試せる環境やカウンセリングなどを通じて、個人に合った商品を提供し、より一層のブランド認知度の向上を狙う。

アイスタイルは今年6月、九龍・尖沙咀の商業施設「スターハウス」に香港1号店を開業。来客数は月間10万人を超え、国慶節(中国の建国記念日)連休の1週間には3万3,000人以上が来店した。2号店は9月、新界・屯門の商業施設「屯門市広場(TMTプラザ)」に設けた。本土の電子商取引(EC)サイト「小紅書(レッド)」での口コミ投稿が人気を呼び、客足は伸びているという。

アイスタイルは、今後も香港での出店を続けていく計画だ。


関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: IT・通信小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

ロハスパーク第11期、信和などが落札(12:39)

医療サービス拡充に2700億$ 病院の建て替え・拡張で病床増(04/26)

マカオの医療保険計画、まず珠海で試行か(04/26)

MTR運賃値上げ、本格開始は来年4月から(04/26)

3月のコンテナ取扱量、14カ月連続マイナス(04/26)

香港航空、パイロットに移籍を提案(04/26)

空港第3滑走路、埋め立てに18週の遅れ(04/26)

本土銀が香港で迂回融資、金融当局が指摘(04/26)

HKMA、中国輸出信用保険と提携(04/26)

HKEXの上場改革から1年、活用9社のみ(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン