• 印刷する

アットコスメが香港3号店、本土客にも照準

美容情報総合サイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルは8日、香港3号店を新界・上水で9日にオープンすると発表した。中国本土に近いエリアでの出店で、本土消費者の需要も取り込む考え。

大型商業施設「上水広場(ランドマーク・ノース)」に出店する。売り場面積は約45坪。店内で扱う商品は250ブランド、最小管理単位(SKU)ベースでは3,500SKUで、全て日本の化粧品ブランドとなる。1~2号店で人気のブランドに加え、本土で人気の「HIROSOPHY(ヒロソフィー)」、「MEDIHEAL(メディヒール)」などのブランドを新たに扱う。店内中央に設置したデジタルサイネージ(電子看板)ではアットコスメのランキング情報や最新情報を発信する。

3号店は、深センとの境界にある羅湖検問所から近く、本土からの旅行者が多い人気ショッピングスポット。商品を自由に試せる環境やカウンセリングなどを通じて、個人に合った商品を提供し、より一層のブランド認知度の向上を狙う。

アイスタイルは今年6月、九龍・尖沙咀の商業施設「スターハウス」に香港1号店を開業。来客数は月間10万人を超え、国慶節(中国の建国記念日)連休の1週間には3万3,000人以上が来店した。2号店は9月、新界・屯門の商業施設「屯門市広場(TMTプラザ)」に設けた。本土の電子商取引(EC)サイト「小紅書(レッド)」での口コミ投稿が人気を呼び、客足は伸びているという。

アイスタイルは、今後も香港での出店を続けていく計画だ。


関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: IT・通信小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

パナ、高齢化やITに注力へ 現地代理店と事業の多角化推進(11/21)

世界人材ランク、香港は18位に後退=IMD(11/21)

10月のCPI上昇率2.7%、横ばいに(11/21)

香港でGI山形日本酒商談会、9蔵元がPR(11/21)

Xマス向け「支出増やす」は6割、市民調査(11/21)

中国粉ミルク、豪市場進出で競争激化(11/21)

トイザらス・アジア、来年68店新設へ(11/21)

反落、500ポイント超える下げに=香港株式(11/21)

電子財布のTNG、米国でIPOを計画(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン