• 印刷する

ムーディーズ、政府債格付け「B2」を維持

米大手格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、カンボジアの政府債務の格付けを投機的水準である「B2」、2019年見通しを「安定的」で据え置いた。クメール・タイムズ(電子版)が8日伝えた。

アラステア・ウィルソン社長は「新興国は国内と地域的なリスクを抱えながらも、来年は世界経済の成長に伴って成長を続ける」と説明した。信用指標の75%が堅調に推移しているという。

一方、カンボジアの信用リスクは今後1~1年半で高まるとの見通しも示した。カンボジア国内では、政府の対外債務拡大、不動産業界への規制外の融資などをリスク要因に挙げた。米中貿易戦争、朝鮮半島や中東の情勢なども、カンボジアの成長下押し要因になる恐れがあると指摘している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ポル・ポト元幹部に終身刑、大量虐殺などで(11/16)

1~9月の国境輸出0.8%減 ゴム下落、通年でも低調の見通し(11/16)

首都空港、滑走路の改修完了 乗り入れ増加や大型機発着に備え(11/16)

中国電子部品、シアヌークビルに工場新設(11/16)

地方空港建設、3州が有望=空港運営会社(11/16)

水資源省とア開発銀、5州でかんがい改善(11/16)

総保険料収入、1~9月は28%増=財務省(11/16)

1~10月のコメ輸出13%減、米ドル高が影響(11/16)

飲食店2千軒超、衛生指導に不参加=保健省(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン