スー・チー氏、日本シフト=中国に警戒感

【共同=井上千日彩】ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(73)が、日本重視の姿勢を鮮明にし始めた。イスラム教徒の少数民族ロヒンギャ迫害問題への対応を巡り、欧米から批判を浴びて窮地に陥るスー・チー氏だが、中国依存を強めることには警戒感がある。欧米と…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

第1四半期のFDIは低調 8億ドル、通年目標の14%(01/23)

コメ輸出量、EU輸入制限などで減少予想(01/23)

FTA結び戦略的関係へ、EUとASEAN(01/23)

12月のインフレ率、6.86%で昨年最高値(01/23)

CISの亜泰、米中摩擦でミャンマー工場を拡張(01/23)

国境貿易が3%減、中国国境の管理強化で(01/23)

カチン州で3大臣更迭、スーチー氏が命令か(01/23)

食用油協会、製油所の食品局認可取得を支援(01/23)

ヤンゴン管区の交通違反、18年は3.5万件(01/23)

マンダレー宝石展示会、成約額は5千万円(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン