スー・チー氏、日本シフト=中国に警戒感

【共同=井上千日彩】ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(73)が、日本重視の姿勢を鮮明にし始めた。イスラム教徒の少数民族ロヒンギャ迫害問題への対応を巡り、欧米から批判を浴びて窮地に陥るスー・チー氏だが、中国依存を強めることには警戒感がある。欧米と…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ムセーマンダレー鉄道の路線を選定、国鉄(18:31)

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(18:34)

製薬カルベ、ミャンマーで22年に商業生産(21:14)

スー・チー氏が特区を初訪問 「成果は誇り」、日本に感謝(08/22)

ロヒンギャ帰還、国連と難民が懸念(08/22)

長田広告、地場同業と10月合弁設立(08/22)

ロヒンギャ22日にも帰還か、2年ぶり(08/22)

旭日電気工業、ヤンゴンで駐在員向け賃貸業(08/22)

武装勢力が爆破の橋、仮設橋完成で通行再開(08/22)

電力省、石炭火力発電の継続を明言(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン