スー・チー氏、日本シフト=中国に警戒感

【共同=井上千日彩】ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(73)が、日本重視の姿勢を鮮明にし始めた。イスラム教徒の少数民族ロヒンギャ迫害問題への対応を巡り、欧米から批判を浴びて窮地に陥るスー・チー氏だが、中国依存を強めることには警戒感がある。欧米と…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

南部メイの電気料金、燃油高で値上げ(20:50)

シンガ企業の投資関心高く 卸売・小売など、向こう2年で(11/20)

鉱物銀行が開業、中小企業向け融資実施へ(11/20)

翡翠業界、中国取引業者の値引きに悲鳴(11/20)

マンダレー、ASENスマート都市網候補に(11/20)

電力省、9管区・州で風力発電の事業化調査(11/20)

観光客減少も、ホテル投資は増加傾向(11/20)

国連、ホテル産業のプラごみ削減で研修実施(11/20)

セメント工場の石炭使用に住民反対、カイン(11/20)

マグウェーの太陽光発電、19年暑期に稼働(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン