• 印刷する

イードットコー、通信塔事業を拡大

マレーシア系の通信インフラ企業、イードットコー(edotco)は、カンボジアでの通信塔運営事業を拡大する。ビルやイベント会場などでの設置に力を入れる。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

フィリップ・ウォン最高地域責任者(CRO)によると、商業ビルやイベント会場、災害発生地での車載型などの設置を進めていく。首都プノンペンの複合施設「ザ・ブリッジ」とは独占契約を交わしたことを明らかにした。首都中心部に新事務所も開設した。

イードットコーは現在、東南アジアで2万7,700基超の通信塔を運営している。このうちカンボジアには約3,550基あり、内訳は直接運営が約2,250基、管理委託が同1,300基。カンボジア通信塔市場でのシェアは推定で約25%に達している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都近接州で太陽光発電計画 入札募集開始、電力供給源を拡大(02/22)

越書記長、ラオス・カンボジア歴訪へ(02/22)

〔寄り道〕その後ろ姿はこの国の…(02/22)

日通、新倉庫建設を正式発表(02/22)

官民フォーラム、3月29日に開催(02/22)

鉱山アンコール、油田開発に意欲(02/22)

コッコン州のリゾート開発、当局が承認(02/22)

首都北部の地価2桁上昇、大型商業開発で(02/22)

政策実行の指令、中央政府の作業部会に集約(02/22)

カンポットに水処理施設を建設、地場アンコ(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン